Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

夏バテの原因は脳の疲労だった!脳疲労に効く食材とは?@それダメ

何だか夏バテ気味で元気がでない~。じつはそれ身体の疲れではなく、脳の疲れかも?

夏は常に体温調整をするので、脳(自律神経)が疲れるのが夏バテの原因になる。

 

脳の疲れが原因の症状

  • 目の疲れ
  • 集中力が切れる
  • 夏バテ
  • 熱中症

 

脳疲労に効く食材

最近注目の栄養成分が「イミダペプチド」

意味だペプチドは、渡り鳥や回遊魚など、長時間連続して動き続ける生物の特に酷使する部分多く含まれているので、疲労回復効果の高い栄養素と言われている。

鶏の胸肉やマグロなどに多く含む。

そこで簡単に手に入って食べやすいのが「サラダチキン」

意識で食べることで、脳疲労や夏バテ解消におすすめ

 

そして脳疲労に関係が深いのが消化。内臓へ消化しなさいの指示も脳が出しているので、疲れすぎないようにするためには、消化に時間がかからない消化の良いものがおすすめ

そのた 夏バテにおすすめの料理⇒鍋物・うどんなどがあげられます。

 

うなぎ&お肉を食べるのは逆効果!

脂肪などが多いお肉などは消化に時間がかかるので脳も疲れる

 

スポンサーリンク



 

早起きしての運動は危険!

 

まだ暑くならない時間帯に運動しようと早起きしての運動は、まだ脳が目覚めていないので、⇒脳梗塞・血圧・心臓に負担がかかる。

朝の目覚めの運動はウォーキング・ジョギングより、徐々に脳と身体を目覚めさせるようにベッドの中でのストレッチなどがおすすめ

 

目から入る紫外線が実は脳疲労を引き起こす

目から入る紫外線が、実は脳疲労を引き起こすため、外出時など紫外線を沢山あびる可能性があるときは、サングラスがおすすめ。薄い色のサングラスが良い:濃い色だと瞳孔が開くので目は光を取り込もうとするので、レンズの色は薄い色のほうが良い

 

冷たいものはどんどん飲むほうが良い!

脳が行う体温調整働きを助けるため、身体を冷やすために冷たいものを飲む。

あくまでも身体のクールダウン目的なので、寒いと感じるくらい冷えるほど飲まなくても大丈夫!

 

 

暑い日ぐっすり寝るための入浴は38℃くらいのシャワーがおすすめ

お風呂で汗をかくのは、運動して汗をかくのと同じこと。脳疲労を伴います。

ぐっすり眠るためには、ぬるめ設定のシャワーをさっと浴びるくらいのほうが、脳疲労的にはおすすめの入浴法です。

 

スポンサーリンク



 

 

快眠したいなら、クーラーはつけっぱなしが良い

寝汗をかいている時間は、脳が休んでいない。⇒疲れがたまる。

脳疲労が、夜間熱中症になりやすい身体を作る

寝る前に25℃に設定し、寝る直前にして27℃にしてつけっぱなしで快適に寝るのが、脳を疲労回復するにはおすすめ。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください