Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ドライマウスと間違えやすいシェーグレン症候群・・・アロマでセルフケア方法@口からわかる大病SP@その原因Xあり

ドライマウスの原因

  • 唾液の分泌量が減る
  • 7割が女性60代女性がなり、日本で約800万人の方が罹る
  • 噛む回数へる
  • 口呼吸による乾燥
  • ストレスによる緊張
  • シェーグレン症候群

 

シェーグレン症候群とは?

免疫異常膠原病の一種

涙腺・唾液腺を攻撃するのが特徴
進行すると唾液腺が破壊される

ほうっておくと免疫攻撃が身体全体に広がり、リウマチ
肝硬変・腎不全につながる

 

シェーグレン症候群になった有名人

菊池桃子さん

和田アキ子さん

 

シェーグレン症候群の症状チェック

  • 口が乾く
  • よく目が乾くようになった
  • 手足に痺れ痛みを感じる
  • 肌の乾燥が激しくなった
  • すぐ疲れるようになった

更年期障害にも似ているけれど、上記のチェックに該当していれば病院へ

 

治療方法は?

 

病気のしくみはわかっても原因がはっきりしないので、治し方もなかなかコレというものがなく、ステロイドや免疫抑制剤によって症状をコントロールしていく治療方法がメイン

スポンサーリンク


 

 

アロマでのセルフケアもおすすめです。

精油の中には、抗カタル作用(粘膜の炎症を抑える)があるものがあります。

植物油で希釈するして塗布することで、肌から浸透し血液をめぐるので、全身の炎症の緩和が期待できるかもしれません。

 

◆シェーグレン症候群症状緩和のアロマレシピ

抗カタル作用のある精油

  • ラベンダースピカ
  • ユーカリ
  • ローズマリー
  • ローレルなどなど

そこでおすすめケアレシピは・・・

  • スィートアーモンド油:5mlに対して
  • ラベンダースピカ 10滴
  • ユーカリ 5滴
  • ローレル 5滴

首すじ・こめかみなどに塗布がおすすめです。

 

 

スポンサーリンク


 

 

ドライアイ対策としては、「泣けるマンガ」・「泣ける映画」・「泣ける歌」などの号泣セラピーがおすすめです。

できたら、悲し涙より、感動の涙のほうが効果的。声まで出せればストレスもふっとび、すっきりします。

例えば・・・「はじめてのおつかい」とか「フランダースの犬」とか

自分の泣けるツボ知っておくのも大事です。

 

 

スポンサーリンク



 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください