水塩でつくる絶品浅漬け&お子さまでも簡単にできる豚バラ塩炒め「あさイチ」

食材の旨味と甘みを引き出す江戸時代からの伝統調味料「水塩」

コレを使えば、食材にまんべんなく味がしみ込み、旨味&甘みアップ!

水塩で作る浅漬け2品&簡単美味しい豚肉の塩炒めのご紹介です。

 

水塩の作り方

材料

  • 塩 25g
  • 水 500ml

(濃度は海水より少し濃い5%)

作り方

1.フライパンに塩と水を入れ、ひと煮立ちさせます。

ひと煮立ちさせることで、雑味がなくなりまろやかになるそうです。

2.冷めたら瓶などに入れ、冷蔵庫で1~2週間保存可能

 

スポンサーリンク


 

水塩で作るきゅうりの塩もみ

材料

きゅうり 80g

水塩 大さじ1

 

作り方

  1. きゅうりは1㎜幅の輪切りにします。
  2. 保存袋にきゅうりと水塩を入れます。
  3. 1分ほど優しくもんで水塩を行き渡らせ、中の空気をしっかりと抜いて口を閉じ、冷蔵庫に入れます。

2時間後から食べられますが、半日程度おくのが尚おすすめです。

 

水塩で作るキャベツの和風コールスロー

材料

キャベツ 80g

水塩 大さじ1

酢、サラダ油 各大さじ1

 

作り方

  1. キャベツをざく切りにし、保存袋に入れて水塩なじませます。
  2. 冷蔵庫で2時間保管
  3. 2時間漬けたキャベツを取り出し、酢・サラダ油を加え全体になじませたら完成

スポンサーリンク


 

 

水塩で作る簡単豚バラ塩炒め

材料

  • 豚バラ肉 200g
  • 水塩 大さじ1

 

作り方

  1. 火をつけてない状態のフライパンに、食べやすい大きさに切った豚バラ肉に水塩をくわえほぐす。
  2. お肉にまんべんなく水塩が行き渡り、バラバラになったらフライパンに火をつけて、中火で炒める。
  3. 豚肉から出た濁った脂が透明になったら完成

火を使う時間は最低限なので、これならお子さまにも安全ですね。

 

まとめ

塩加減って、いつも適当になって味が安定しないので、この水塩を使えば、安定の美味しいものができそうです。

上記レシピだけでも立派な献立に。夏休みにお子さんと作るのもいいですねー。

 

塩活用法の関連記事

塩を入れるタイミングを変えるだけでシャキシャキ美味しい青菜炒めのコツ「あさイチ」

 

塩を振るタイミングがそれぞれ違う!牛肉・豚肉・鶏肉を美味しくソテーするコツ「あさイチ」

 

いつものお刺身を塩でランクアップ!魚の塩マリネの作り方「あさイチ」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です