イケメン名医が勧める夏バテ予防の食べ方「ソイファースト」・「マイタケ・イン」とは?「ビビット」

7月に19日に四国~関東甲信越が梅雨明けしましたが、梅雨明け宣言とは関係無し、7月はほぼずっーと暑い!

 

暑いと思ったら今年の7月は16日連続30℃越え、これは史上まれにみる暑さなんだそうです。

どおりで暑いわけです。

梅雨明け=夏が始まる!のイメージが、今年はもうバテバテ

番組でアンケートをとったところ

 

100人中57人が、現時点で夏バテを実感

という結果に…

そこで、夏バテ予防の食べ方をイケメン名医(池谷敏郎先生)の先生からご教授がありました。

スポンサーリンク



 

夏バテの主な原因とは?

 

夏バテの主な原因は食生活。

夏になると暑くて、「そうめん」・「冷やし中華」・「アイス」など、のど越しが良くて冷たいものが食べたくなる。

冷たいものが身体を冷やすが原因のひとつではありますが、それよりもっと大きな原因が、

血糖値の急上昇からの乱高下

 

先ほど、あげた「そうめん」・「冷やし中華」・「アイス」は、ほぼ炭水化物(糖質)です。糖質はすぐエネルギーにはなりますが、

パワーを発揮する時間が短い。

血糖値の急上昇は急降下も招きます。その血糖値の乱高下が身体に負担になり、「だるさ」・「ねむけ」・「いらいら」などの、夏バテの症状を呼び寄せます。

栄養もほぼ糖質のみと偏り、身体を作るたんぱく質の不足もきになります。

 

そこで名医がすすめる夏バテ知らずの食べ方その1は「ソイ・ファースト」

以前、血糖値の急上昇を防ぐには、野菜から食べるのが良いという「ベジ・ファースト」という言葉が話題になりましたが、

それと同様に「ソイ(大豆)・ファースト」。大豆を先に食べることで、血糖値の急上昇を抑え、タンパク質・水溶性ビタミンをしっかりとる。ということで、教えてくださった、イケメン医師のランチを拝見

 

ほぼ毎日コンビニということでしたが、チョイスがちょっと普通と違う!

・夏野菜サラダ&冷しゃぶサラダのサラダ2品

・コーンスープ

・ヨーグルト

と、パンやら、冷やし中華などの手軽に食べられるメニューではありませんでした。

しかもヨーグルトには、蒸した黒豆をトッピング。

あまりストイックに糖質制限をするのではなく、なんちゃって糖質制限ぐらいのユルい感じが長続きするコツとか。

 

ソイ・ファーストにおすすめなお豆腐はこちら

 

今年の夏は変わり種豆腐が人気!「ヒルナンデス」

 

ソイ・ファーストにおすすめな納豆はこちら

 

納豆トレンドは「変わりタレ」@ヒルナンデス

 

スポンサーリンク



 

そして名医がすすめる夏バテ知らずの食べ方その2は「マイタケ・イン」

マイタケは、最近の研究で、マイタケを食べたその時の食事の血糖値の急上昇を抑えるだけでなく、その次の食事の時にも血糖値の急上昇を抑えるという結果がでたそうです。

長時間の効果持続・・・ありがたいですね。

 

マイタケ&大豆(豆乳&お豆腐などもOK)を積極的食べて、夏バテ予防をしていきたいものです。

スポンサーリンク



最後に…

この特集の最後で、イケメン医師(池谷先生)は、「僕は夏バテなったことないんですよ。夏バテになって少しは休みたいくらい」と豪語なさっていました。

そしてコメンテーターの方の「こういうもの食べてたら、イケメンになれるんですかね?」というコメントに、夏バテ予防じゃなく、そっちかい!って思わず画面にツッコミをいれました。

でも、確かに、池谷先生は齢55歳にして、ますます爽やかイケメンに磨きがかかっているような…。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です