Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

たけしの家庭の医学:炭酸入浴剤で血管若返り自宅入浴法

今年の夏は記録的な酷暑がつづいている。熱中症で救急搬送され人も激増している。

脳梗塞は冬と同じくらい夏も発症数が多い。

和歌山の花山温泉が血管を若返らせるのに最適と前田医師がおすすめ

花山温泉は冷たい温泉(26℃)⇒低温泉

最初は冷たいが5分後には皮膚が赤くなるほど温まる

 

花山温泉で血管年齢を調査

  • 血管年齢がー10歳以上の人が多数 (10人検査して10人みなさん)
  • 花山温泉は炭酸泉(二酸化炭素)
  • 二酸化炭素が毛細血管に入りこみ血管をひろげる⇒血液の流れがスムーズになる⇒血圧が安定⇒血管を若返らせる

2日に1度2週間温泉に入ることで血管が柔らかくなったという研究結果もあり

冷たい炭酸泉のメリット

  • 冷たいお湯のほうが炭酸濃度が高い(温かいと炭酸が抜けてしまう)
  • ぬる油で長湯で、炭酸がより身体の中にとりこみやすい。

暑い夏だからこそ血管の老化を防ぐ自宅での入浴方法

  1. お風呂の湯温設定で1番低い温度でお湯をはる。
  2. 1時間放置
  3. 33度~35度くらいの湯温にする
  4. 市販の炭酸入浴剤を入れて入浴する
  5. 20分程度つかる(より沢山の炭酸を身体に吸収するためにゆっくり入浴する)

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください