Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ごごナマ:しっかり対策!熱中症の応急処置方法&予防方法

日に日に暑くなるこの時期注意したいのが、熱中症。

室内にいても油断できません。

 

豪雨被害にあわれた方の避難所生活での熱中症対策

  • こまめな水分補給
  • 片づけ作業の時にはこまめに休憩を。
  • 換気・空調
  • 体調変化をお互いにチェック

 

暑さ対策

 

熱中症とは?

  • 高温多湿の環境で体内に熱がこもってしまう状態

熱中症の症状

  • 軽度:めまい・たちくらみ・気分が悪い・筋肉がつる
  • 中度:頭痛・吐き気・身体がだるい
  • 重度:意識障害・全身のけいれん・肝臓や腎臓などの機能障害

 

熱中症をおこしやすい人

  • 脳卒中の後遺症がある人
  • 糖尿病のある人
  • 高齢者
  • 乳児・こども
  • 屋外で仕事・スポーツをする人

熱中症の応急処置

  • 意識の確認(もしも意識がなければすぐに119番通報)
  • エアコンや扇風機・換気する
  • 服装を緩める
  • 体を冷やす。(保冷剤をタオルに包んで首すじ・わき下・足の付け根を冷やす)
  • 自分で水を飲むよう促す(自分でうまく飲めないようなら医療機関へ)

意識が無い状態で救急車を待つときは、仰向けではなく、枕を入れて回復体位(横向きにする)の姿勢

 

熱中症の予防方法

  • こまめに水分補給(冷たいほうが吸収されやすく体を冷やす効果も)

水分補給のポイント

  • 一気に飲まずに少しづつ飲む
  • 1日1.2リットル目安
  • 起床時・運動前後・寝る前なども飲むようにする
  • 汗をかいた時には塩分も忘れずに。経口補水液やスポーツドリンクを飲む
  • アルコール飲料はNG

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください