Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

健康カプセル!ゲンキの時間:大腸内視鏡検査に完全密着!

部位別のがん死亡者数で「大腸がん」は、男性が第3位、女性は第1位

毎年10万人以上の人が大腸がんにかかるという。大腸がんは、大腸内視鏡検査を受診すれば、予防できる数すくないがんなんだそうです。

だけど、受診率は25%と、かなり低いのが現状です。 今回は、敬遠されがちな大腸内視鏡検査に完全密着!

 

大腸がんとは?

  • 日本人は、直腸とS字結腸に7割ぐらいできる
  • 1㎝以上のポリープはがん化する可能性あり
  • 遺伝的要因も関与
  • 下痢と便秘を繰り返すのが代表的な症状
  • 定期的検査を受けることで9割ぐらいの人が内視鏡検査での切除でがんを予防・治癒できる

 

CTコロノグラフィー検査

  • 内視鏡を受ける体力のない人はこちらがおすすめ
  • ただし小さなものなどを見つけづらい

 

はじめての大腸内視鏡検査

  1. 問診票の記入
  2. 医師による問診
  3. 検査の説明⇒ポリープがみつかった場合は1㎝以下ならその場で切除することもある
  4. 検査当日までの禁止事項
  5. 同意書を記入して事前準備は終了
  6. 当日
  7. 腸内洗浄 腸内洗浄液を1.8リットル飲む
  8. 便の色が薄い色になったら検査開始
  9. 内視鏡を入れて行き盲腸まで達したら戻りながらゆっくり検査
  10. ポリープが見つかったら、色素をかけてポリープの状態を見てがん化する可能性のありそうなものをチェック&切除(切除した場合は切除したポリープを病理検査に回し悪性かどうか調べる)
  11. 術後の生活指導⇒水分の補充・軽い食事から始める。ポリープを切除した場合は、運動アルコールを1週間控える

*ほぼ痛み無し。ポリープをとる時にも同様

 

内視鏡検査のために1回大腸内の洗浄するので、腸内環境が変わるので便秘が改善する人も多い

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください