趣味どきっ!カラダ喜ぶベジらいふ:根菜らいふ⇒れんこん

 

レンコンの栄養価

  • れんこんは、蓮根と書くように、蓮の地下茎が肥大したもの。
  • 蓮は、薬膳では、葉・節・実・花とすべてを生薬として使用することができる、スーパー食材!
  • 食物繊維が豊富で、新鮮なれんこんを切ると糸をひくのは、糖とタンパク質が結びついたもの。
  • 抗酸化作用を持つビタミンCは、なんとみかんより多く含まれています。

 

スポンサーリンク



本多京子先生のれんこんレシピ

れんこんは大きく切って使えば、しゃりしゃり食感に、すりおろして加熱すればもちもちに・・・

切り方によって様々な食感が楽しめます

たたきれんこんのもっちりスープ

 

材料(2人分)

  • れんこん 中一節(150g)

  • ベーコン(細切り) 1枚(20g)
  • にんにく(みじん切り) 小1かけ
  • ゴマ油    小さじ1

 

  • 水  1.5カップ
  • 酒 大さじ1
  • 鶏がらスープの素 小さじ1
  • 塩コショウ 少々
  • 小葱(小口切り) 1本分
  • あらびき胡椒 少々

 

作り方

1.れんこんは皮をむいてポリ袋へ入れて叩いて細かくする

MEMO

この時にあまり細かくたたきすぎないのがポイント

さまざまな大きさに砕くことで、しゃりしゃり食感とモチモチ食感の両方が楽しめる

 

2.鍋にAを入れ中火にかけ、香りたつまで炒めて、その中にれんこんも入れ、1,2分炒め合わせる

3.水と酒・鶏がらスープの素を入れて煮立ってから5,6分煮て塩・こしょうで味を調える

4.器に盛り付け小葱を彩りとしてちらし、黒コショウを振ってできあがり♪

MEMO
*スープにして汁ごと食べると水溶性の栄養素(ビタミンcなど)が無駄なく摂取ができます。

スポンサーリンク



美味しいれんこんの選び方

  • 太めでふっくらと丸みがあり、ずっしり重いもの
  • 表皮にツヤがあり、傷や黄色いシミがないもの
  • 乾燥していないもの
  • 色は本来、褐色から黄色のクリーム色。不自然に白いものは漂白されている可能性あり
  • カットした穴の中が黒ずんでいないものがおすすめ

 

 保存方法

  • 沼地で育つれんこんは、光・空気・乾燥を嫌うので、ぬらした新聞紙にくるんでポリ袋へ入れて冷蔵保存
  • 日が経つにつれてアクがでて穴の中が黒ずんでくるので、早めに使いきること。

 

ベジらいふレシピ集はこちら

趣味どきっ!カラダ喜ぶベジらいふレシピ一覧

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です