ヒルナンデス!梅雨の時期はお米が危ない!?プロが教える正しい保存法&古米復活術

 

梅雨から守るおこめの保存方法

  • お米は呼吸をしているので、空気を取り込み劣化がすすむ
  • 温度差がお米に刺激を受け、呼吸が活発化し劣化が進む
  • 昨年収穫されたお米は、不作だったので、育ちきっていなくて元気がない
  • 保存袋に入れて野菜室に保存がベスト
  • お米の下にすのこで底上げする

 

お米専用保存袋がおすすめ

お米の袋のまま玄米キーパーにいれておけば1年くらいもつ

古くなったお米を美味しく食べる方法

  1. ざるに乾いたお米を入れる
  2. お米が割れない程度に軽く体重をかけ混ぜる
  3. 表面をはぎとるイメージで。
  4. 白い粉が出なくなったら精米終了
  5. 再精米のタイミング⇒半年くらいたっていて匂いがくさくなったら
  6. 無洗米は劣化が早いので気をつけるのが良い

 

正しいお米のとぎ方

  1. はじめのすすぎはミネラルウォーターで軽くすすぐ
  2. 2回目は水道水で素早く軽くすすぐ
  3. 水を入れずに20回とぐ
  4. 2回すすぐ
  5. 水をいれずに10回とぐ
  6. 2回すすぐ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.