Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

今日の料理:さんまの辛煮

秋になるとさんまを食べたくなりますねー。

さんままるごと食べられる土井善晴先生のこのメニューおいしそうです。

 

さんまの辛煮

 

材料(4人分)

・さんま (大) 4匹(800g)
・しょうが 80g
———-
【煮汁】
・酢 カップ1
・水 カップ1
・酒 カップ1
・しょうゆ 70ml
———-

 

作り方

1.しょうがは洗って皮付きのまません切りにする。鍋底に半量を広げ入れる。

2.さんまは、包丁をなでるように動かして細かいウロコを取り、流水で洗って、水けを拭き取る。胸ビレの後ろに包丁を入れて頭を切り落とす。
〈★メモ〉まな板に紙を敷いて、尾から頭に向かって包丁の刃を動かしてウロコをこそげ取り、頭を切り落とす。

3.2を2cm幅の筒切りにし、1の鍋に切り口を上にして並べ入れる。
〈★メモ〉内臓もおいしいのでそのまま筒切りにし、順次、断面が広いほうを上にして入れていく。

4.3に残りのしょうがを散らし、【煮汁】の酢と水を注ぎ入れて強火にかける。アクを取って落としぶたをし、弱火で【煮汁】がほとんどなくなるまで、1時間ほど煮る。

5.4に【煮汁】の酒としょうゆを加え、再び落としぶたをして、弱火で【煮汁】がなくなるまで、様子を見ながら1時間ほど時間をかけてじっくり煮る。
〈★メモ〉【煮汁】が少なくなればごく弱火にし、焦がさないように注意する。

6.鍋ごと冷まし、粗熱が取れてから、1切れずつざるに上げて冷まし、完全に【煮汁】をきる。
〈★メモ〉煮上がってすぐにさわると、柔らかいのでくずれやすい。残ったものは完全に【煮汁】をきり、保存容器に入れて、冷蔵庫で保管。4~5日間は楽しめる。取り出すときは清潔な箸を使うこと。

 

 

スポンサーリンク



 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください