Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ガッテン!人とのつながりを作ることが筋肉&血管を強くする!寝たきり予防方法

実は今、健康寿命を延ばすために最も効果的と研究発表されているのは、禁煙よりも、運動よりも、肥満解消よりも、「人とのつながりを作ること」。

人とのつながりが少ないことは、心臓病や認知症、筋力低下を引き起こし、結果として「早死にリスクが50%高くなる」というアメリカの調査結果が発表されるなど、体の衰えを加速させる最大の要因とわかってきた。

家族を寝たきりや要介護にしないための最新研究と対策の大特集!

健康長寿の最強の条件

  • 人に親切な行動を1日3回1か月したら、寝たきりになる炎症を起こす物質を抑制した⇒炎症が起きない
  • 人は親切をすると喜びを感じる遺伝子を持っている。

 

寝たきり危険度

  1. 運動なし+つながり(おしゃべり)なし
  2. 運動なし   ⇒危険度半減
  3. つながり(おしゃべり)
  4. 運動+つながり(おしゃべり) ⇒寝たきり危険度が1番低い!

 

イギリスの場合

イギリスには孤独対策大臣がいる!

孤独は心臓病や脳疾患のリスクを3倍にするというCMも

 

世界中で人とのつながりが健康に影響するか研究されている!

1人でしっかり運動するよりも、みんなでわいわい軽めの運動のほうが介護リスクが下がる

 

人とのつながりでおすすめの方法

週に1回同居家族以外の人と一緒に過ごす

地域包括支援センターへ行ってみる

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください