趣味どきっ!カラダ喜ぶベジらいふ:ほうれん草の栄養効果&ほうれん草チャーハンレシピ

青菜といえばほうれん草!というような青菜代表選手のほうれん草を今回の趣味どきっ!では特集されます。

ほうれん草の栄養効果

  • βーカロテン・ビタミンE・ビタミンC
  • 冬のほうれん草は、夏のほうれん草のビタミンC3倍入っている
  • ヘモグロビンの構成元素で貧血予防に効果的な鉄
  • 造血ビタミンとも呼ばれる葉酸←葉酸の名前の由来はほうれん草
  • 骨の健康維持に役立つ、カルシウム&マグネシウム
  • 余分なナトリウムを排出し、高血圧予防に役立つカリウム
注意
ほうれん草特有のえぐみ成分の「シュウ酸」は、茹でてて水にさらすことで軽減できますが、茹ですぎ&水にさらしすぎは他の栄養素を逃がすので、やりすぎ注意です。

上手なほうれん草のゆで方

  • たっぷりの湯をわかし、根元から先に入れてる
  • 根元が茹で上がってきたら、葉の部分も湯に入れる
  • 葉が色鮮やかになったらできあがり♪

 

スポンサーリンク



山野辺仁シェフのほうれん草チャーハンの作り方

材料:2人分

  • ほうれん草 3株
  • ゴマ油 大さじ1
  • 溶き卵 2個分
  • ご飯(温かいもの) 茶碗1杯分
  • 塩 適量

 

作り方

  1. ほうれん草をみじん切りにする
  2. フライパンにごま油を強火で熱し、溶き卵&ごはんを入れ、手早く炒める
  3. 卵がふんわりしてきたら、塩を加えて味を調える
  4. 全体的にぱらりとしてきたらほうれん草を加えて手早く混ぜてできがり♪
MEMO
*ほうれん草を風味&色よく仕上げるコツは、「サッと加熱が大事!」

スポンサーリンク



本多京子先生のほうれん草のバターしゃぶしゃぶ

材料2人分

  • ほうれん草 1/2わ
  • ポン酢しょうゆ 適量
  • バター(冷たいもの) 2かけ
  • 豚薄切り肉(しゃぶしゃぶ用) 200g

 

作り方

  1. ほうれん草は綺麗に洗って、根元を切り落とし、長さを半分に切る
  2. 小皿にポン酢しょうゆ、冷たいバターを入れる
  3. 鍋にたっぷりの湯をわかし、ほうれん草を少しづつ箸にとって、しゃぶしゃぶする。
  4. 軽く湯を切ってバターを溶かしながらポン酢しょうゆにつけて食べる
  5. ほうれん草を食べ終わったら、鍋の湯を新しいものにして、豚肉をしゃぶしゃぶする

 

ベジらいふレシピ集はこちら

趣味どきっ!カラダ喜ぶベジらいふレシピ一覧

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です