あさイチ:食中毒。惣菜を買う時の売り場のここを見る!

先月、同じお総菜を食べた15人からO157が検出された食中毒が起きました。

そこで今日のあさイチでは、総菜売り場での食中毒リスクに注目し、食品衛生管理の専門家とともに、食中毒対策ができている売り場かどうか見極めるポイントについてのお話しを、食中毒対策ができている売り場かどうかのチェックポイントと、私たち買う側ができる食中毒の原因になる行動をやめるアクションについてあさイチで特集されました。

 

食中毒対策ができているお総菜売り場のチェックポイント

  • 菌がつきにくい場所か?
  • 膝より上(60cm)の位置に置いてある方が良い⇒歩いていて菌の跳ね上げが届かない高さ
  • トイレや精肉・鮮魚売り場そばはNG(水回りが近いところは特に衛生管理をきちっと)

⇒売り場からトイレは3m以上離れた場所にあるか?

  • 冷蔵ケースに並んでいる温度10℃以下だと菌が増えにくい⇒ちゃんと冷えた場所に置かれているか?
  • 容器を包んでいるラップの密封がちゃんとされているか?ゆるみがないか?
  • パックの内側に水滴がついていないか?⇒ついていると温度が高い。その水滴が菌の繁殖の温床になる可能性がある
  • 凍っている総菜は選ばない!

 

私たちにも注意できること

  • トングは上の方を持つ
  • お惣菜の前で立ち話をしない
  • 食品に直接触れない
  • 持ち帰る時に保冷剤を入れる

 

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です