ヒルナンデス!その調理、9割栄養捨ててます!の新常識を紹介

 

じゃがいも

  • 皮をむいたリ切ったりして加熱するとビタミンが無駄になる
  • 皮つきで調理がおすすめ
  • 茹でてからむくほうが良い
  • じゃがいもの芽は加熱前にとる

きのこ

  • きのこの保存は冷凍保存がおすすめ
  • キノコのアミノ酸は細胞につつまれている。冷凍すると細胞が壊れてうま味アップする
  • 冷凍キノコは解凍するとうま味成分がでてしまうので、解凍せずに調理する
  • 冷凍におすすめなのはエノキが1番おすすめ。冷凍するとうま味が6倍アップする

 

たまねぎ

  • たまねぎの血液サラサラ成分のアリシンは、細かく刻んだほうが活性化する
  • みじん切りがおすすめ
  • 切った玉ねぎを水にさらすと栄養が逃げ出すのNG!
  • 辛みが気になる場合は常温で放置するのがおすすめ
注意

ごぼう・れんこんの水であく抜きも栄養が流れ出ていくのでNG

 

白菜

  • 白菜には疲労回復に効果的なグルタミン酸を豊富に含む
  • 白菜の中心部分の生長点の部分が1番栄養豊富。中心から食べるほうが栄養を効率的にとれる

りんご

  • りんごにはビタミンEが豊富に含まれる
  • りんごは横に寝かせて輪切りにする
  • りんごは種以外全部食べられる。ビタミンEが豊富なのは芯の周りと皮と皮と実の間を洗う
  • 流水でよく洗って農薬を落としてから皮ごと食べるのがおすすめ

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.