たけしの家庭の医学:心臓を長持ちさせるケトン体とは?ケトン体を増やすには夕食プチ断食

年間約7万人が心不全で突然死!

心不全を劇的に減少させる心臓老化ストップ物質「ケトン体」とは?

ケトン体とは?

  • 誰でも作り出せる肝臓で作られる物質
  • 身体を動かすエネルギー源として使用
  • エネルギー効率が高く、楽に心臓を動かすことが可能になる
  • 糖分や脂肪に代わるエネルギー源
  • ケトン体は心拍数を下げ、心臓の老化を遅らせることができる
  • 一生の拍動数は約7億回となっているので、拍動数がゆっくりのほうが長命になる
  • 生活習慣で多い人と少ない人がいる
  • ケトン体が多いと、心拍数が高くなってもすぐに戻る
  • 夜寝るときに心拍数が少なくて、ケトン体が多いと心臓が休まる

 

ケトン体を多く出すには?

  • 断食
  • 2日間の断食でどれだけ増える?⇒断食前51が断食後4665に!

 

断食でケトン体が増える理由

  • ケトン体は糖が少ないと作られる物質

 

無理なくケトン体を増やす方法

  • 夜のプチ断食⇒夕食の後は食べ物を口にしないようにする

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です