ハナタカ優越館:給食を残す子どもが減った魔法の行動

 

給食を残す子どもが減った魔法の行動とは?

 

給食をビュッフェ形式にした。

  • 11時30分から13時の間に自分の好きな時間に食べたい量を申告するようにしたことで、食べきるという責任感がめばえた

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です