あさイチ:お茶づけの極意!お茶と具材のベストマッチは?

 

新茶でお茶づけ

  • 初ガツオ
  • 明太子
  • しらす干し

熱湯で30秒でお茶を入れる

新茶には、旬の食材のカツオや、新茶の甘くほのかな渋みに合う「めんたいこ」や「しらす干し」がおすすめ

 

番茶でお茶づけ

  • 京野菜のお漬物
  • かき揚げ
  • 山菜のてんぷら

熱湯で1分でお茶を入れる

味が淡泊で少しスモーキーな香りのする京番茶には、食材の味を邪魔しないので繊細な「京野菜を使った浅漬け」を合わせてみるのがおすすめ

油との相性もいいため、「かき揚げ」や「山菜の天ぷら」などにも合う

玉露でお茶づけ

  • 鯛の塩焼き

70度で1分でお茶を入れる

甘みとうまみたっぷりの玉露には、「たいの塩焼き」がおすすめ。繊細な香りが互いのうまみを引き立て、合わせだしのような組み合わせになるそうです。

MEMO
煎茶や玉露を、お茶漬け用にいれるときは、飲むときよりもちょっと高めの温度で短い時間抽出することで、茶の“甘み”だけでなく、ほのかに“渋み”を出すことで、味に深みが出るそうです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です