世界で一番受けたい授業:内臓脂肪を最速で落とす方法

 

脂肪が多くなればなるほど、満腹中枢の働きが悪くなる

 

内臓脂肪の危険な目安

  • 男性:おへそ周りが85㎝以上
  • 女性:おへそ周りが90㎝以上
注意
脂肪のつきやすさは人種によって違いがある白色人種⇒皮下脂肪がつきやすい

黄色人種⇒内臓脂肪がつきやすい

内臓脂肪が溜まると身体にどんな影響がある?

  • 脂肪酸が肝臓に沢山入ってくると処理が追い付かず脂肪肝になる
  • 脂肪肝になると肝臓がんになるリスクが2倍になる
  • がんの原因の30%が食事や肥満
  • アルツハイマーの人の内臓脂肪の多い人は60%
  • 便秘⇒内臓脂肪がつきすぎると腸の動きが悪くなる
  • 逆流性食道炎

 

内臓脂肪を最速で落とす方法

 

脂質を抑える

  • 調理は揚げるより焼く、焼くより煮るのがおすすめ
  • 魚にも脂質はあるが、EPAなどが含まれるので食べたほうがよい
  • お酒は食欲を増進してしまうので注意が必要
  • 果物に含まれる果糖は満腹中枢にシグナルを送らなくなり、食べ過ぎてしまうので注意が必要。
  • どうしても果物が食べたい場合は、果糖が少ないいちごがおすすめ

 

アディポネクチンを増やす

脂肪を燃やしてくれるアディポネクチンを増やしてくれる食べ物

  • 玄米
  • 大豆
  • ひじき
  • 緑黄色野菜

 

十分な睡眠をとる

  • 睡眠不足になるとグレリンという食欲増進ホルモンが増える
  • 逆に食欲を抑えるホルモンのレプチンが出にくくなる

 

運動

  • 運動すれば男性ホルモンが増える
  • 1日に30分のウォーキングがおすすめ
  • ウォーキング前に10分間の筋トレをするとますます内臓脂肪を落とすことができる

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.