健康カプセル!ゲンキの時間:長生きできる健康住宅を簡単DIYで実現

 

健康長寿を支える3大要素

  1. 食事
  2. メンタル
  3. 運動

 

健康長寿を支える新たな要素!住環境

  • 高齢者のつまづき事故の救急搬送された人数が年間5万人
  • 住宅に潜む危険地帯を知り、適切な対策をとることが、健康寿命を延ばすことにつながる

 

高齢者疑似体験セットで自宅の危険度をチェック

 

屋内の転倒の多い場所をDIY

第3位:階段

  • 濃い色のすべり止め
  • 濃い色にすることで段差の認識がしやすくなる

 

 

第2位:玄関

  • 60㎝以上の手すりをつける
  • 下地に確実にビスをうつ

 

 

第1位:居間

  • わずかな段差がかえって引っかかって転倒につながる
  • 段差解消スロープで解消
  • 最近は柔らかく、簡単にカッターで切れて、両面テープで貼れるものがある

 

 

 

照明を変えるだけで不眠解消

  • 夜に白色電球では、安眠ホルモンのメラトニンがでにくくなる
  • 照明の色を変えられるものに変更
  • 寝室は電球色の間接照明にする

 

温度・湿度の調整で健康寿命を伸ばせる

土壁などで、湿度・温度を最適にすることで、熱中症リスクを下げることができる

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.